アヤナス キュレル

アヤナスとキュレル 敏感肌のあなたにおすすめなのはこちら

 

ディセンシアのアヤナスと花王のキュレルはどちらも敏感肌の人にも使える保湿性基礎化粧品として多くの人に選ばれています。となると自分にはどちらが向いているのだろうか?と悩まれている方もいるかと思います。

 

両者に含まれる成分などを比較していくと敏感肌であるあなたには圧倒的にアヤナスをおすすめします。どうしてそのように考えられるかを詳しく説明してきましょう。

 

 

アヤナスとキュレルの違いをより分かっていただくために最初に肌の構造と敏感肌の特徴についてお伝えします。

 

肌の構造を簡単に説明すると外側から内側に向けて

  • 角層
  • 表皮
  • 真皮

という3層に別れます。このうち一番外側の角層には外部刺激(紫外線・花粉・ちりほこりなど)から肌を守り、肌内部の潤い成分が外へとできるのを防ぐという重要な働きがあります。

 

健康な肌ではこの角層がビシっと整列して肌の表面をカバーしているのですが、敏感肌ではこの整列が乱れ、隙間ができてしまいそこから外部刺激は入り放題、潤い成分は空気中へと失われ放題になっています。

 

 

アヤナスとキュレルのいずれもこの角層ケアに着目し、角層がしっかりとするには必要なセラミドを含んでいることも同様です。しかし、このセラミドに大きな違いがあります。

 

まずキュレルの方に含まれるのは「潤浸保湿セラミド機能成分」といって、実際にはセラミドではなく、セラミドの働きを補う成分(ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド)になります。

 

それに対して、アヤナスに含まれるのは正真正銘のセラミド、しかも人の体にもともとあるものと同じ形をした「ヒト型セラミド」を含んでいます。どちらの成分のほうがよりセラミドとしての働きが効果的と言えば、やはりセラミドその物の方が角層を整える効果が大きいといえるでしょう。

 

 

更にアヤナスとキュレルには角層ケアにおいてもう1つ決定的に異なることがあります。それはアヤナスにのみ含まれるヴァイタサイクルヴェールと呼ばれる独自の特許成分です。この成分の効果は角層を外側からカバーし、外部刺激から肌内部を守るとともに肌内部の潤い成分が失われることを防いでくれます。

 

角層その物のケアをするヒト型セラミドとこれを外側でしっかりとカバーする特許成分のダブルケアによってアヤナスは敏感肌のあなたを助けてくれます。

 

 

アヤナスとキュレルを比較してみると圧倒的にアヤナスのほうが敏感肌のあなたにはおすすめです。このアヤナスが手軽に試せるトライアルセットは送料無料で公式サイトで好評販売中です。しかもいまならキャンペーンによって31%OFFとなる1,480円で手に入ります。

 

大人気の敏感肌専門ブランドのちからを手軽に体験するチャンスだと思いますよ。

 

 

⇒ アヤナスの詳しい情報はこちらから

 

 

 

関連ページ

気になるほうれい線対策にもピッタリです
アヤナスってほうれい線にも効果があるのでしょうか?多くの女性が気にするほうれい線対策としてアヤナスが有効なのかを検証しています。
アヤナスとアスタリフト|敏感肌のあなたにはこっち!
アヤナスとアスタリフトはどちらも大人気の乾燥対策化粧品です。敏感肌のあなたにはアヤナスとアスタリフトのどちらが適しているのかを紹介します。
アヤナスとエトヴォスのどちらがを選ぶべきかを教えます
アヤナスとエトヴォスはどちらも敏感肌に対応した大人気商品です。アヤナスとエトヴォスのどちらを敏感肌のあなたが選ぶべきかをしっかりとお伝えします。
敏感肌のエイジングケアを可能にするラインナップを紹介!!
アヤナスのラインナップを一気にお伝えします。アヤナスのラインナップごとの効果もしっかりと紹介します。
どんなものが入っているか|全成分を一挙に紹介
アヤナスの全成分を商品ごと1つずつ詳しく紹介します。どんなものが入っているだろうか?とアヤナスの全成分が気になる人は必見の情報です。